未分類

ゆびもじあぷり

2022/5/11  

 小学4年生がプログラミング全国大会で優勝の報に驚いた(朝日新聞5月6日朝刊)。しかも見出しが「蛍舞う大分市の山あいの集落に暮らし、全校児童40人余の小さな小学校に通う。そんな野原を飛び跳ねている女の ...

「自分史の書き方」

2022/5/2  

 見当識というキーワードが提示され、納得がいった。NHKスペシャル(22年4月30日)は立花隆「最後の旅」と銘打っていた。偶然というべきか彼の著書「自分史の書き方」(講談社学術文庫)を読んでいる最中で ...

スーツケース型案内ロボット

2022/4/21  

 網膜色素変性症。ほぼ20年前、この病名を初めて聞き、実際に失明した人を紹介された時の驚きは今も忘れない。視力を失う恐怖心は、わが小心さでは耐えられるものではない。その時教えてもらったのが、ダイアログ ...

「戦争が廊下の奥に立つてゐた」

2022/4/11  

 新聞の俳壇、歌壇はウクライナで埋め尽くされそうになっている。非日常の戦争が、平穏な日常を圧倒しているようだ。平穏の享受がまるで罪のように、申し訳ない思いとなっている。ところで、この歌人や俳人たちは戦 ...

床屋談義

2022/4/1  

 3,900円か、1,500円か。散髪だが、いつも迷っている。前者が理容組合加盟店の公定価格、後者が価格破壊の非加盟店だ。カットハウスなるものが出現したのがほぼ20年前。東京出張の折、新橋駅で見つけた ...

「戒厳」

2022/3/22  

 加害者意識だけにとらわれていると、時に韓国の実像が見えなくなる。そんな思いのところに「戒厳」(講談社)が「どうだ!これが未知の韓国だ」と差し出された。映画評論の四方田犬彦が、半自伝的小説として書き上 ...

新聞協会賞2度取った男

2022/3/11  

 スクープで新聞協会賞を取ってみたいと、記者であれば誰しも思う。それを2度も取った男がいる。01年に高知新聞で「高知県庁の不正融資を暴く県闇融資」、12年に朝日新聞で「福島第一原発事故に焦点を当てた連 ...

クレムリンの持つ組織風土

2022/3/1  

 久しぶりに藤村信(1924-2006)の本を取り出した。中日・東京新聞パリ特派員で、67年から亡くなるまで彼の地で取材を続けた。ソ連崩壊につながる異変が次々起きるが、彼はいつも的確な情報を届け、読む ...

在宅医療の死角

2022/2/21  

 365日24時間の対応が求められる在宅医療は、とても緊張が強いられる。患者との医療方針を守るために救急車を呼ばない。そのために枕元には在宅医の電話番号が貼られている。また、多職種が関わるチーム医療な ...

「リニア中央新幹線をめぐって」

2022/2/11  

 87年の国鉄分割民営化が底流となって、リニア中央新幹線というハリボテが国家プロジェクトに仕立てあげられたが、工事差し止めが現実味を帯びてきている。民営化よりも、分割した負の側面がもろに出ている。リニ ...

© 2022 ゆずりは通信