日韓併合100年

日韓併合から100年。この1年こそ、満を持すつもりで日韓関係史を学んでみようと思っていた。これまでに、これはというものは購入している。また、手にしたこともない雑誌「思想」が、韓国併合100年を問う、と特集号を出したので、難解なるものの赤線を引きながら、挑戦もしていたのである。その矢先といううべきか、想像し得ない光景が繰り広げられ、時代認識の遅れを突きつけられた思いである。
 26日、韓国で歓喜の声が全土で轟いた。バンクーバー冬季五輪で、キムヨナが浅田に完勝して金メダルを射止めたからだ。相手が日本選手でなければこうはならないと思うのはひがみだろうか。続けて、トヨタのリコールに端を発して、米国市場ではトヨタ車のシェア低下を尻目に韓国・現代自動車が売り上げを急速に伸ばしているという。加えて、日本の得意分野としていた薄型テレビ、半導体市場で、サムスンがパナソニックやソニーを遥かに抜き去り、断トツの地位を確立しそうになっている。止めを刺すように、更にいえば、先の東アジア・サッカー選手権では岡田ジャパンは韓国に惨敗を喫した。恐らくワールドカップでも、そんな予感がする。
 そして、起こるべきしてというべきか、韓国の聯合ニュースは1日、同国のインターネット愛好家らが、日本のネット掲示板「2ちゃんねる」に同時集中的なアクセスを行う方法で「サイバー攻撃」を実施し、長時間にわたってほぼダウンさせたと報じた。キム・ヨナを中傷する文章が掲示板に書き込まれたとしての猛烈な反発行為で、日本の植民地支配下で起きた「3・1独立運動」の記念日の1日に合わせて攻撃したとみられる。攻撃には推定1万人以上が加わったという。
 韓国で生を享けたものは、このくらいでナショナルな心情になることはない。まあこの程度は、受忍?すべきで、よくやっていると祝福するほどの度量は持つべきだと思っている。日帝支配は何と36年に及ぶ。軍隊は解散させられ、皇民化教育で日本との徹底した同質化が進められた。言語教育から歴史教育、さらに国家の概念、国民の概念まですべてに行き渡っていた。日本の一員になったところで日本国民として認められるわけではなく、2級市民になるわけで、この二重性の屈辱が36年も続けられたのである。そんなことを思えば、ということである。これを自虐と厳しく批判する多くの声があるのも事実。ネットでの書き込みも、この延長戦にある感情的な反発の一種である。
 思えば、金メダルの韓国と銀メダルの日本が、ようやく対等に話ができる場ができたと考えればどうだろう。韓国のみなさん、こちらからいうべきことではないが、もう被害者意識を超えて冷静に、アジアの共生平和について双方で何ができるか対話をはじめませんか。日本のみなさん、加藤陽子教授の「それでも、日本人は“戦争”を選んだ」(朝日出版社)を社会科の教科書に選び、歴史に対してもっと真摯に向き合ってはどうでしょう。けち臭いネット書き込みで溜飲を下げたり、北の拉致だけを声高に叫ぶだけではなく、自己批判も含め抑制された対話を続け、北との国交樹立、南北統一のために日本の出来ることは何かを探っていったらどうでしょうか。この際、日本人とは何者か、という内田樹の「日本辺境論」(新潮新書)を読み直して、アジアの先頭を走り続けなくてはならないという呪縛から解放されるのもいいかもしれません。
 というわけで、日韓対話の好機到来という私見です。逃げる2月はあっと間に逃げていきました。厳しい世相を反映して、切羽詰った声ばかりが聞こえてくる。「男根は落鮎のごとく垂れにけり」金子兜太。91歳の兜太はまだ未練があるということだろう。ちょっとした勇気が救ってくれることもある。とにかく声を掛け合おう。

© 2021 ゆずりは通信