公貸権

定年退職者のたまり場といえば、真っ先に図書館が挙げられる。日長一日、新聞雑誌を読み漁り、ゆっくり昼寝までできる。時にいびきが響きわたるほどだ。図書館職員の知人もお手上げといっている。さらに加えて、誰もが読みたいベストセラーを誰よりも早く借り出していく輩が多いことだ。横山秀夫あたりになると、数ヶ月先となる。これに団塊世代の退職者がどっと加わればどうなるか想像もつかない。

© 2020 ゆずりは通信