katsushi

宇崎竜童の決意。47億円募金へ

2021/3/3  

 1945年生まれ、75歳。われらが同世代は何を考え、どう行動しているのか。やはり気になる。宇崎竜童もそのひとり。右脳派、左脳派という古い分類からすれば、確実な右脳派。その豊かな感性は73年にダウン・ ...

「ぼくは挑戦人」

2021/2/21  

 85年生まれの35歳。京都府宇治市ウトロ地区で育った在日3世。小学生の時、自殺したいと思うほどのいじめを受けるも、あのヨーヨーを得意とすることでくぐり抜けた。平仮名で「ちゃんへん」と名乗るジャグリン ...

NHK解体論

2021/2/10  

 85歳の姉が初期の認知症となり、通帳を管理している。20年10月26日「NHK24,185円」と自動引き落とし。これを見て、猛烈に腹立たしくなった。これは姉の衣料品店のテレビ。デイサービスのない週2 ...

日本社会事業大学

2021/1/31  

 寒中見舞いも味わい深い。忘れた頃に届くのもいい。昨年秋に夫を亡くした新湊小学校同級の女性Tは、亡妻ともPTAなどで親しくなり、付き合いは切れずに続いている。年賀欠礼も構わずに、賀状を書いた。やもめの ...

「熱狂するな」半藤一利の遺言。

2021/1/21  

 1月7日午後から降り続く雪は1週間となった。明日の予定がない身なので、家に閉じ込められても、さして不都合はない。コロナでお買い得と乗せられて、ワイン12本を手に入れたのも今となればうれしい誤算。つま ...

「鬼滅の刃」元旦考

2021/1/6  

 元日の朝日新聞は出版広告のオンパレード。編集記事よりも、この広告に注目し、未曽有の出版不況に各社がどう向き合っているのか。自分であれば、どうするだろうか、などと想像してみた。  全ページの広告掲載は ...

75歳の師走雑感

2020/12/29  

 商家の師走というのは、晦日に向けて掛け取りに走り回る。そのカネを銀行に持って行って手形を落として、ようやく正月を迎える。昭和30年代のわが家がそうであった。小学生であったが、祖母と一緒に掛け取りであ ...

入善での講演。「朝鮮植民地支配」

2020/12/15  

 12月3日朝日新聞富山ローカル版に「朝鮮植民地支配をテーマに講演会」の見出し。しかも場所は入善町。この絶妙な取り合わせに、わが老体は反応した。手帳を開くと滑川での剣幸コンサートがメモされているが、た ...

「愛と性と存在のはなし」

2020/12/3  

 生まれた性にくつろげる人は、本当にいるのだろうか?そんな疑念を抱いて、女性作家は、性の深淵に迫っていく。身体の性と心の性が違う性同一性障害について、作者自身が自分をさらけ出す。かなりの迫力である。予 ...

「日本人はどう住まうべきか?」

2020/11/23  

 わが家の床の凹みが気になってきた。食堂が最もひどく、廊下も数か所、踏み込むと凹んでしまう。数年後には踏み抜けてしまうのでは、と危うんでいる。とにかく築40年になろうとしているのだ。考えてみると、38 ...

© 2021 ゆずりは通信