katsushi

わが家のオーラルヒストリーⅡ

2021/9/18  

 姉からの聞き取り第2弾。敗戦から15日が過ぎ、ようやく8月30日私が生まれた。近隣の人たちが先を争うように引き揚げていく。焦る気持ちを押し殺すように引き揚げの準備している時に、父が務める米穀会社の崔 ...

「沙林 偽りの王国」

2021/9/7  

 ワクチン接種はパソコンで可能と出た、近くの安元整形外科(富山市)で行った。記憶にあるのは、94年6月27日松本サリン事件で亡くなった安元三井さんの実家ということ。当時、彼女は信州大学医学部6年で29 ...

母子・父子自立支援員

2021/8/31  

 どうして、そこまでこだわって情熱を傾け続けるのか。不思議な女性である。13年間、富山県内の行政で母子・父子自立支援員を非正規で続けてきた。ひとり親家庭のサポートだが、仕事の内容は生活支援から家庭内暴 ...

わが家のオーラルヒストリー

2021/8/21  

 86歳の姉から聞き取るオーラル・ヒストリー(口述記録)で、副題は「戦前の光州の記憶」。彼女は1935年(昭和10年)全羅南道・光州生まれ。2年前に友人と鎌倉・小町通りを歩いていて、人とぶつかり大腿骨 ...

アラスカ

2021/8/11  

 家族5人そろっての、最後の海外旅行となったのがアラスカである。1989年8月のこと。長男16歳、次男14歳、三男6歳で、妻の友人がアンカレッジに住んでいた。行こうと思った時に、行っておこうとなった。 ...

豊岡市の試みに激震

2021/8/6  

 豊岡市といっても、どこにあるのだという人が多いだろう。兵庫県の日本海側で、城崎温泉があり、コウノトリ但馬空港もそうだ。人口減少と経済衰退という典型的な地方都市だが、4期16年務めた中貝宗治市長が平田 ...

近衛秀麿

2021/7/22  

 1943年9月17日、ポーランドで開催されたコンサート「日本の夕べ」から話を進めたい。暴虐の限りを尽くすナチス占領下のポーランド、最後の抵抗として立ち上がらざるを得なかったワルシャワ蜂起。孤立無援で ...

インドに注目!

2021/7/12  

 ひとりでこつこつ不動産業を営む旧知の友人とお茶を飲んだ。がらんとした富山空港2階の喫茶店。客はわれわれ二人だけ、広い土産物売り場も受け持つ店員がコーヒーを出してくれる。テナントはすべて休業していて、 ...

立花隆「精神と物質」

2021/6/30  

 生命とは何か、人間とは何か、そして自己とは。そんな難問に明確な示唆を与えてくれたのが、立花隆と利根川進の共著「精神と物質」だった。物質から生まれた生命は物質で解き明かされ、神秘な生命現象といわれる精 ...

女たちよ、草津女性町議排除に立ち向かえ!

2021/6/23  

 女性の政治参加を気軽に口にしていたが、立ちはだかる壁の厚さは想像以上だった。反省しきりで、逃げ切れるほど甘いものではない。そんな罪深さを象徴する事件が起きている。 「草津よいとこ、一度はおいで」。あ ...

© 2021 ゆずりは通信